NMRパイプテクター導入のご案内

ラ・アミスタ武蔵浦和は2012年春、日本システム企画社の、マンションや、病院施設等に使われている「給水管」や「給湯管」を赤錆劣化、赤水から守る装置、NMRパイプテクターを受水槽設備に設置いたしました。

NMRパイプテクター設置の目的と効果について

ラ・アミスタ武蔵浦和への設置の目的は、一般的にマンション等の施設の給水管は材質の劣化により赤錆が発生し、20~25年目には建物内の給水管を交換、または管の内側に特殊な樹脂を塗布し修繕等の工事が行われます。給水管の劣化が進むと階下への水漏れ事故の発生が懸念されます。どちらの工事も断水を伴い、ご入居者様にご迷惑をかけ、工事日数も数日要することから、それら以外の方法として、NMRパイプテクターの設置にを検討しました。

この工法は給、排水管に
■ 給水管中の赤錆を黒錆に変化させ、赤錆を止め、管内をきれいにします。
■ 水中のカビ、藻などを抑制し、トリハロメタンの発生を減少させます。
■ 排水管の汚れを溶解し、臭いを防ぎ、流れをよくします。
といった効果があり、給水管を延命させる、とのことでNMRパイプテクターを導入しました。

住戸内の日常の効果について

「NMR活水により、水質が向上する」とうたわれています。
ご入居者様から、トイレの水あかがつきにくくなり、バスルームの排水の臭いがなくなった、といったお声も頂いています。
(以下、 日本システム企画の効果紹介より。)

キッチン

■ 水のいやな臭いが減り、味が良くなります。

■ ご飯がおいしく、ふっくら炊けるようになります。

■ コーヒーやお茶の味がまろやかになります。

■ 流しのヌメリやカビが少なくなります。

バスルーム

■ シャンプー後の髪がしっとりします。

■ 浴槽の汚れが減り、湯あかもつきにくくなります。

洗面台・洗濯機

■ 水あか、カビを減らし、汚れがつきにくくなります。

トイレ

■ トイレの水あか、カビ、黄ばみを減らし、汚れがつきぬくくなります。

 

<< 前のページに戻る

お勧めポイント

住戸

居室 (設備・仕様)

共用部分

管理体制

賃料・契約条件

ログイン