ラ・アミスタ武蔵浦和の防犯対策

ラ・アミスタ武蔵浦和ではご入居者様に安心して生活して頂けるよう、各種防犯設備の設置、防犯対策を行っています。詳しい情報は内見の際にご確認ください。
防犯カメラ

不審者侵入の抑止に配慮し、共用部分・敷地内に綜合警備保障(ALSOK)の防犯カメラを数か所設置しています。一定期間画像を保存します。

エントランス
オートロックシステム

エントランスはアイホン社製のオートロックシステムを採用し、1階建物共用部分はフェンスと機械式テンキーのついた門扉を設置しています。

カラーモニター付
インターホン

来訪者を音声とカラー画像で確認できる、アイホン社製のカラーモニターインターホンをリビングに設置しています。

ダブルロック
ICデジタルロック

防犯性の高いディンプルキーかダブルロック、または暗証番号とカードで解錠し異常が発生した際はアラーム音で警告するICデジタルロックを採用しています。(住戸位置による)

住戸サッシ
鍵付クレセント錠
補助錠

鍵付クレセント錠または補助錠をサッシに取り付けています。(住戸位置による)

バルコニー
フラッシュライト

1階のバルコニーには、侵入者を威嚇するフラッシュライトを設置しています。

近隣防犯情報の掲示

埼玉県警察の犯罪情報官NEWS、沼影自治会、武蔵浦和駅前交番から入手した空き巣、チカン等の事件発生情報を掲示板等に掲示し、ご入居者様に防犯意識の喚起を呼び掛けています。

防犯対策のしおり

ご入居の際に「ラ・アミスタ武蔵浦和 防犯対策のしおり」をお渡ししています。

ラ・アミスタ武蔵浦和の防災対策

2011年3月11日の東日本大震災において、駅周辺の築浅タワーマンション等、数棟では外壁タイルの破損、落下等の被害がありましたが、ラ・アミスタ武蔵浦和では、そういった被害は全くありませんでした。
法令点検である消防設備点検は毎日興業株式会社に委託しており、過去に消防署の指摘・指導をうけたことはありません。バルコニー避難はしごを設置してある住戸バルコニーへの誘導サインプレーとを各住戸バルコニーに掲示しています。

各居室の玄関には、建物内・敷地内の避難経路図を掲示しています。避難経路に加え、防災倉庫・防災キャビネット等の災害に備えてのサポート体制の設備も表示し、ご入居者様への周知に努めています。

また、避難経路図とともに「大震災に備える!! マンションの防災マニュアル 基本行動編」と「震度5弱」以上の地震で、さいたま市の避難所が開設されるレベルの震災が発生した場合、避難所に移動された際に玄関のハンドレバーに掲示して頂く「安否確認タグ」もご入居者様にお渡ししています。

管理会社 株式会社ら・あみすたでは、
沼影自治会がさいたま市消防署指導で開催する防災訓練に参加しています。また、災害に備えて、弊社103号室事務所バルコニーには防災倉庫、エントランスの宅配ロッカー レンタルツールボックス番には防災用品が入った非常用持ち出し袋を用意しています。「万が一」の時に、ご入居者様全体で 相互協力してご利用頂くためです。倉庫はバルコニーに設置してあるので弊社休業日の非常時でもバルコニーより立ち入り、解錠することができます。
防災倉庫の内容物:
バーベキューセット、備長炭、着火剤、トング等個もの、未使用ポリタンク、未使用バケツ、レインコート、ブルーシート、等。
※ 非常食、飲食物は入っていません。各ご家庭で防災対策の一環としてご用意をお願いしています。

ラ・アミスタ武蔵浦和のエレベーターは
・停電時自動装着装置
(専用バッテリーを使用して、最寄階で停止し扉が開く)
・地震時監視運転装置
(地震のS波を感知し震度4以上の揺れを感知したら自動的に最寄階で停止し扉が開く) 性能です。

万が一、エレベーター内に非常時に長時間閉じ込められた場合想定した防災グッズが入った防災用キャビネットを設置しています。 キャビネットはご入居者様の椅子や荷物置きとしても利用されています。

防災用エレベーターキャビネットの内容物:
非常用排便収納袋「スケットイレ」、トイレットペーパー、手回し発電ライト(ラジオと携帯電話充電器機能)、非常用5年保存水(ミネラルウォーター)、備食カンパン(5年保存)、ウェットティッシュ、使い捨てマスク、バンソウコウ、タオル
※ 定期点検、入れ替え、見直しも行っています。(現在の備蓄食糧のの期限はは2017年2月14日まで)

ラ・アミスタ武蔵浦和の地歴について

「沼影」という名に、沼だったのか気にされる方もいると思いますが、この土地は沼ではありませんでした。ラ・アミスタ武蔵浦和の竣工以前(1995年3月以前)は貸家が数棟建っており、さらにそれ以前の登記簿の「地目」は「山林」(登記日 昭和51年4月22日)で、実際の状態は「竹林」でした。 「竹林」以前は明確なことは分かりませんが、1994年からの建物の基礎工事の際、地面から紐で括られた明銭「永楽通宝」(室町時代、1411年以降に日本へ大量に輸入され、江戸時代初頭まで流通した通貨)が10kgぐらい出土しました。昔から竹は網目のように根を張り、地盤が強いといわれているので、この通貨が埋められた頃(時代不明)も「沼、湿地等の地盤の土地ではなかった」と推測しています。

<< 前のページに戻る

お勧めポイント

住戸

居室 (設備・仕様)

共用部分

管理体制

賃料・契約条件

ログイン